ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
イメージ画像
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
症状や悩みに合わせて作ってくれる! 犬&猫の手作りご飯

歯周病

犬の歯周病とは?

犬の歯周病とは

犬の歯周病(ししゅうびょう)は「歯周病菌」によって引き起こされる歯茎(はぐき)炎症だよ。歯茎の炎症だけなら「歯周炎」、骨にまで炎症が達すると「歯周病」と呼ばれるんだ。

3歳以上の犬の約8割が、歯周病および歯周病予備軍だといわれているよ。歯周病は軽度ならほとんど症状が出ないから放置されることが多いのだけれど、歯周病菌が重大な病気を引き起こすこともあるから早めに対処したほうがいいんだ。ここでは、犬の歯周病について解説していくよ。

犬の歯周病の症状

犬が歯周病になると以下の症状が出るからチェックしてみてね。

  • 歯肉の赤み…通常はピンク色の歯茎が赤く腫れているよ。
  • 口臭の悪化…いつもより口臭がきつくなっていたら要注意だよ。
  • 歯のぐらつき…歯を触ってみて歯がぐらついていたら歯周病になっているかも。
  • 目の下や顎の下が腫れる…歯周病がひどくなると炎症が広がって、目の下や顎の下が腫れることがあるよ。場合によっては膿が出てくることもあるんだ。また口の膿が鼻から出てくることもあるよ。
  • 口の痛み…食事のときに口の中が痛そうだったら歯周病で歯茎に炎症が起きているかも。
  • 硬いものが噛めない…今まで噛んでいた硬いものを急に嫌がったら気をつけて。

どの症状が出るかは、歯周病の重症度によって変わるよ。重症化するまでほとんど症状がでない犬もいるみたいだから、定期的に検診に連れて行ってあげてね。

犬の歯周病の原因

犬の歯周病の原因は歯垢と歯石だよ。歯の表面は唾液の成分である薄い膜で覆われているんだ。この膜は食事による口内環境の変化から歯を守る役割を果たしているよ。

歯の表面に細菌が付着しても唾液で流されるんだけど、奥歯や歯茎付近などは細菌が流されにくいんだ。それが溜まって歯垢になっちゃう。そして口の中にとどまった細菌は、糖分をエサにしてどんどん増殖し続けるよ。

そのままにしておくと、歯垢がミネラル物質とともに硬くなった歯石になってしまう。歯垢は指でこすったり歯ブラシで落としたりできるけど、硬くなった歯石は歯ブラシで落とせないよ。歯垢は数日で歯石になる。歯石になった部分には、さらに歯垢が付きやすくなるから、どんどん歯石が溜まってしまうんだ。

犬の歯周病の治療法

歯周病は炎症をおさえる薬を使って治療するケースが一般的だよ。同時に歯周病を引き起こす原因となっている歯垢や歯石を落とす必要があるんだ。これらを取り除かないと根本的な解決にならないから、歯ブラシやスケーラーという器具を使って歯垢・歯石を除去するよ。

歯ブラシは麻酔なしでもできるけど、先端の尖ったスケーラーは口に入れたときに犬が暴れてしまうと危険。そのため全身麻酔をかけて口の中にある歯石を取り除くよ。麻酔をしないで歯石除去をしてくれるところもあるんだけど、暴れる犬を押さえつけたときに顎の骨が折れたり、腰を強く圧迫してヘルニアになってしまうこともあるんだって。

歯周病の治療でほかのところをケガするのは本末転倒だよね。だけど、全身麻酔にも心肺停止といったリスクはあるよ。歯石除去をする場合は、愛犬の状態や性格をきちんと理解してくれているかかりつけの獣医さんに相談して治療法を決めてね。

犬の歯周病予防のための食事

歯周病予防のためには「加熱をしていない生の食事」がおすすめ。歯垢のつきにくい口内環境が作れるよ。犬が野生だったころは獲物を狩って生活していたんだ。

小動物や鳥など獲物を捕らえて、腸や骨も食べていたよ。生肉には酵素や良性菌など、口内環境を整えてくれる栄養素がたっぷり入っている。それに皮や骨のように硬いものを肉と一緒に食べるから、天然の歯磨き効果を得られるんだ。

でも、生肉には寄生虫や病原菌のリスクがあるからおすすめできないよ。代わりに栄養価の高い食事を心掛けて、歯磨き効果のある生皮を加工して作ったおやつを与えてね。

犬の歯周病まとめ

犬の歯周病は軽く見ていると大事になる可能性があるよ。愛犬が歯周病になってしまったら、積極的に治療をしてあげてね。一度きちんと治療を行なっても、定期的に口内の手入れをしないと歯垢や歯石が付着して再発するよ。再発防止のためには、日々の歯磨きがとっても大切なんだ。歯周病予防の食事と合わせて歯磨きもしっかりしてあげてね。

page_top
犬に食べさせてはいけないもの
 
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~