ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
イメージ画像
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
症状や悩みに合わせて作ってくれる! 犬&猫の手作りご飯
犬猫サミット!ご主人様の手作りご飯 » 病気の犬に食べさせてほしい食事 » 犬の熱中症・夏バテ対策と夏におすすめのごはん

犬の熱中症・夏バテ対策と夏におすすめのごはん

犬の熱中症の症状とは?

熱中症って人間だけの病気だと思っていないかな?とんでもない。犬だって人間と同じ動物。暑い日には人間と同じように熱中症になるリスクもあんだ。

むしろ犬は人間と違って体温調節が苦手。特に夏場は、飼い主さんにはぜひ注意してほしいな。

犬に次のような症状が現れたら熱中症の疑いがあるから、すぐに獣医さんを受診してね。

息が苦しそう
口を大きく開けて、苦しそうにハアハアと呼吸をしている時は、熱中症の初期症状の恐れがあるよ。様子を見るのではなく、すぐに獣医さんに診てもらって。
よだれを大量に流す
大きく開いた口からよだれを大量に流している時も、熱中症の疑いありだよ。
嘔吐や下痢がある
暑い日に食べたものを吐いてしまった場合や、下痢が起こった場合にも要注意。熱中症の初期症状かも知れないよ。血便が出た場合は重度の熱中症かも知れないので気を付けて。
きちんと歩けない
まっすぐに歩けずにふらついてしまったり、一時的に転んでしまったりした時は、熱中症かも知れないよ。
目や口の充血がある
犬が熱中症になると、口の中や目が充血して赤くなることがあるんだ。様子が変だなと思ったら、口の中と目をチェックしてみて。
意識障害・痙攣を起こす
重度の熱中症になると、失神したり痙攣したりすることがあるよ。ここまで来ると命の危険性もあるから、一刻も早く獣医さんに連れていって。

犬の夏バテの症状とは?

犬も人間と一緒で、夏バテになることがあるんだ。熱中症とは違って、夏バテになっても命のリスクは低いけど、やっぱり飼い主さんには犬が夏バテにならないよう、しっかりと注意してほしいな。

次のような症状が現れたら夏バテの可能性があるので、細かくチェックしてね。

いつもよりも歩くスピードが遅い
大好きな散歩に出かけたとき、いつもよりも歩くスピードが遅いと感じた場合は、夏バテかも知れないよ。足が止まるなどした場合には、高い確率で夏バテの可能性があるので要注意。
なんだか元気がない
飼い主さんが帰ってきても、いつものように喜んで走って来なかったり、おもちゃで遊ぶことが少なくなってきたりした時は、夏バテの可能性あり。夏バテは室内でも起こるってことを、飼い主さんは理解しておいてね。
いつもよりも食欲が少ない
いつも食べているドッグフードを残してしまったり、ご褒美であげたおやつを食べなかったりした時は、夏バテの可能性が高いよ。食欲不振は、人間の夏バテでもよく見られる症状だね。
睡眠時間が長い
犬が夏バテになると、遊んだリ食べたりして活動する時間が短くなるんだ。その代わりに増えるのが睡眠時間。いつもよりも長く眠っているようなら、夏バテの可能性もあるよ。
下痢や嘔吐がある
元気がなくなった上に下痢や嘔吐が見られた場合には、夏バテかも知れないし、もしかすると熱中症かも知れないよ。すぐに獣医さんに診てもらったほうがいいね。

以上のような症状が見られたら、犬は夏バテになっている可能性大。特にダブルコート(二層構造の被毛)の犬種は夏バテになりやすいので、十分に注意してね。

ちなみにダブルコートの代表的な犬種は、ウェルシュコーギー、ゴールデンレトリーバー、ポメラニアン、シベリアンハスキー、マルチーズ、シーズーなど。日本原産の柴犬、紀州犬、甲斐犬もダブルコートなので暑さには注意してね。

犬の熱中症の予防と熱中症になってしまった場合の対応

犬の熱中症対策で一番大事なのは、何よりも熱中症を予防すること。しっかりと予防をしていたにも関わらず熱中症になってしまった場合には、慌てず冷静に対応してね。

犬の熱中症の予防法

エアコンをつけていない環境に犬を置き去りにしない

夏に愛犬を連れてドライブに行くこともあると思うけど、飼い主さんが車を離れる時は、くれぐれも車内温度が上がらないよう注意してね。基本的には日陰に車を止めて、エアコンも作動させること。エアコンを付けずに窓を少しだけ開ける飼い主さんもいるようだけど、たとえ窓を開けていても、車内温度はどんどん上がっていくことがあるのでエアコンは必須だよ。

同じように、自宅で留守番をさせる時にも、エアコンはしっかりと付けておいて。室内で熱中症になる例は、人間にだって見られるよね。

暑い日には無理に屋外で過ごさない

夏場の暑い日は、無理に屋外で過ごさないようにして。いくらお散歩が大好きな犬だって、炎天下での散歩はキツいもの。真夏のアスファルトは50℃近くにも達することや、コンクリートからの照り返しもあることもよく覚えておいて。犬種や個体によっては、短時間で熱中症になる恐れもあるよ。

犬が熱中症になってしまった時の対応

万が一、熱中症が疑われる症状になったら、すぐに獣医さんに連れて行くことが大事。ただし獣医さんに連れて行く前に、飼い主さんが絶対にやっておくべきことがあるよ。それが「体を冷やして水を飲ませる」こと。

ワキの下に濡れタオルを挟んだり、風呂場で水道水を浴びせたりなどして、まずは体温を下げるようにして。水を飲ませることも忘れないでね。体温が39℃くらいまで下がったら、速やかに獣医さんに連れて行って。

体温を下げる処置をしないで獣医さんに連れて行くと、途中で症状が悪化して命の危険性があるよ。絶対に体温を下げた後に獣医さんに連れていくようにしてね。

熱中症・夏バテ対策におすすめのごはんと夏の食事の注意点

夏におすすめのごはん

犬の熱中症や夏バテ対策には、水分の多い食材がおすすめ。特にトマトは、水分だけでなく多くの栄養素が含まれているので、犬の食べやすい大きさにカットして積極的に食べさせてあげてね。キュウリ、レタス、スイカなどもおすすめだよ。

暑さで食欲不振になってしまった犬には、いつもの食事に加えて、ウェットフードも活用してみてね。

夏の食事の注意点

肥満ぎみの犬は熱中症になりやすい、って言われているんだ。だから、食べ物を選ぶ時にはカロリー管理が大事。ドッグフードを与え過ぎには注意してね。

また、夏には消化吸収の良いたんぱく質を摂ることも大事。植物性のタンパク質よりも動物性のタンパク質のほうが消化吸収が良いので、肉や魚、卵などをしっかりと摂らせるようにしてね。

page_top
犬に食べさせてはいけないもの
 
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~