ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
イメージ画像
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
症状や悩みに合わせて作ってくれる! 犬&猫の手作りご飯

脱毛症

猫の脱毛症とは

猫の脱毛症とは?

猫を飼っていると必ず出てくるのが「抜け毛」だよね。冬毛から夏毛に変わる春先とか夏毛から冬毛に変わる秋の年2回の換毛期にたくさんの毛が抜けるよ。

これは「衣替え」のような自然な生理現象だから安心しても大丈夫。ただ「部分的にごっそり脱毛」「皮膚にかゆみ・赤み・フケ」などがある場合は、病気の可能性があるから気を付けてほしいんだ。ここでは、猫の脱毛症について説明していくね。

体の場所ごとに知る猫の脱毛症について

顔付近の円形脱毛(皮膚糸状菌症)

顔周辺に円形の脱毛症状が出たら、皮膚糸状菌(ひふしじょうきん)というカビ(真菌)によって起こる「皮膚糸状菌症」が考えられるよ。

頭部や額の脱毛(食事性アレルギー)

特定の食べ物に過敏に反応する「食事性アレルギー」は、目の上や額、耳のつけ根の皮膚が赤くなるよ。

顔や耳のふちの脱毛(ヒゼンダニ症)

ショウセンコウヒセンダニという小さなダニが寄生して起こる「ヒゼンダニ症」になると、顔や耳のふちなどに脱毛とかさぶたが出てくるんだ。

白猫の耳先や頭部の脱毛(日光性皮膚炎)

毛の白い猫が強い日差しを浴びると「日光性皮膚炎」を起こして、耳先や頭部が脱毛になることがあるよ。

首のまわりの脱毛(首輪ハゲ)

首輪をつけっぱなしにするとこすれて「首輪ハゲ」になるよ。

下腹部・内股・背中の脱毛(過剰グルーミング)

体の同じ部分を舐め続ける「過剰グルーミング」をすると内股や下腹部、背中など舌が届く範囲が脱毛してしまうんだ。

首・背中・尾の脱毛(ノミアレルギー性皮膚炎)

ノミが寄生すると「ノミアレルギー性皮膚炎」が起こることがあるよ。

後ろ足の裏が線状に脱毛(線状肉芽腫)

「線状肉芽腫」になると後ろ足の後ろ側などが一直線状に盛り上がって脱毛してしまうんだ。

脱毛症の症状

猫の脱毛症とは?猫の毛が抜ける原因はさまざまだよ。基本的に年中毛が抜ける動物なので、地肌が見えないくらいの脱毛であれば問題なし。

だけど、「アレルギー」「寄生虫」「皮膚病」「ホルモン異常」「ストレス」などの場合は要注意だね。放っておくと悪化するよ。猫の脱毛の原因によっては、症状が出やすい部位があるので、ぜひチェックしてみてね。

顔周辺の脱毛はアレルギーや疥癬(かいせん)・ミミダニなどの寄生虫によるものが多くみられるよ。食物アレルギーは目や口の周りに症状が出る。夏場に耳や鼻などにブツブツができていたら、蚊に刺されてアレルギー反応を起こしていることもあるね。

背中から腰にかけての脱毛はノミアレルギー性皮膚炎の可能性があるよ。ノミアレルギー性皮膚炎の疑いがあるときは、ノミじゃなくて「ノミの糞」を探そう。床に黒いゴマ粒のようなものがあったらノミの糞かも。ティッシュの上に置いて水を垂らしてみて。赤くにじんだらノミの糞だよ。

また薬が身体に合わなくて副作用で脱毛することもあるよ。ノミ駆除剤の滴下や注射で脱毛することもあるんだ。動物病院でノミ駆除剤を滴下したり、注射を受けたりしたあとはしっかり様子をみてね。

脱毛症の治療方法

猫の脱毛症を治療するには、症状にあった方法を行なう必要があるよ。たとえば猫の皮膚糸状菌症の治療は患部の剃毛と、抗真菌剤の塗布をするんだ。抗真菌剤が入った薬用シャンプーも有効だね。それでも直らない場合は、内服薬を使うこともあるよ。

また食べ物によるアレルギー反応だとしたら、アレルギー専用食を使った食事療法を行なうんだ。ノミアレルギーならノミの予防・駆除をするし、花粉やハウスダストなら清潔を保つことが大事。脱毛症の原因を見極めて適切な治療をしてあげてね。

page_top
犬に食べさせてはいけないもの
 
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~