ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
イメージ画像
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
症状や悩みに合わせて作ってくれる! 犬&猫の手作りご飯

毛球症

猫の毛球症(もうきゅうしょう)とは

毛づくろいで胃に毛が溜まってしまうことが原因で発症する毛球症。毛が溜まってしまうとさまざまな症状が発症するんだ。ここでは毛球症の症状や原因、治療法をピックアップしているよ。

猫の毛球症について

猫の毛球症(もうきゅうしょう)とは

猫は毛づくろい(グルーミング)する際に毛を飲み込んでしまうことがあるんだよ。その飲みこんだ毛は腸や胃といった消化器内に溜まり、嘔吐または排便によって外へ排出されるんだ。

でも、しばらく毛が排出されず、胃の中に溜まりつづけると大きな塊になる。あまりにも大きくなりすぎるとうんちから出すことや口から出すことが難しくなってしまうのが怖いところ。その毛球が溜まることによって引き起こされる病気を毛球症というんだ。

毛球症の症状

猫が毛球症になった場合、どのような症状を発症するのかな?初期症状と末期症状に分けて紹介するね。

初期症状

毛球が大きくなると、毛球が胃の出口を塞いで便秘になることがあるよ。また、胃の粘膜を刺激し、吐き気や食欲不振、下痢になってしまうことも。お腹を触るのを嫌がる動作をしたら注意して様子を見てね。

末期症状

末期症状になり嘔吐・食欲不振が続いてしまうと、脱水症状を引き起こすことがあるんだ。また、悪化してしまうと腸閉塞になったり、腹膜炎になったりすることもあるんだよ。

毛球症の原因

通常、グルーミングした際に毛を飲み込んでしまっても、便として排出されるよ。ではなぜもう毛球症になるんだろう?

充分にブラッシングされていない

ブラッシングで不要な毛を取っていない場合、毛づくろいで大量に毛を飲み込んでしまうよ。特に毛が生え変わる時期は注意してね。また、長毛種の猫ちゃんも大量に毛を飲み込みやすくなるので注意すると良いよ。

胃の動きが悪い

内臓が不調なときや加齢によって、胃腸の動きが弱まると毛を上手く吐き出せないことがあるんだ。

ストレス

ストレスや不安が原因で過剰にグルーミングをしてしまうことがあるよ。その分大量の毛を飲み込んでしまうことになるので危険なんだ。

病気が原因

皮膚炎をはじめとした皮膚病の場合、何度も毛を舐めてしまうよ。そのほか、ダニやノミが発生することで皮膚が痒くなり、どんどん胃に毛が溜まっていくんだ。

毛球症はどうやって治療する?

毛球除去剤を使う

毛球除去剤を使用して、自力で外へ排出する治療法があるよ。毛球除去剤を舐めることで、胃に溜まったうんちや毛玉をコーティングして同時に排出させるんだ。舐めさせたあとのうんちを確認して、毛が混ざっていれば排出できたということだね。

内視鏡・胃切開手術

毛球症によって食欲や体重が低下する、たびたび嘔吐するといった重度の場合は、胃から直接毛球を取り出すよ。

内視鏡を使う場合もあれば、胃切開をして取り出すことも。もし毛球が腸に絡まっている、詰まっている場合は内視鏡ではなかなか取れないものなんだ。だから、開腹手術になる恐れがあるよ。

page_top
犬に食べさせてはいけないもの
 
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~