ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~
イメージ画像
犬猫におすすめの手作りご飯を発表!
目的や症状に合わせてつくろう!犬猫におすすめの手作りごはん

皮膚病(アレルギー・アトピー)

犬の皮膚病による症状と病気

代表的な皮膚病から紹介するね。

脂漏症(しろうしょう)

マラセチア皮膚炎とも言われているよ。

犬の皮膚についている常在菌のマラセチアからきている皮膚病だよ。この菌は普通だと問題を起こすようなことはしないのだけど、僕ら犬の免疫が低下している時などに、この菌は活発化するんだよ。脂質の分泌過剰によって皮膚炎が起こることになるよ。この皮膚炎には2種類あって乾燥タイプと脂タイプとあるよ。

乾燥タイプはフケがでてきて、脂タイプは皮膚がたるみ、脂性のフケがるよ。それから、痒みがでてニオイがきつくなって、べたつきがでるよ。これがひどくなると全身に広がることになるよ。

 

膿皮症(のうひしょう)

これも犬の皮膚に隠れている菌で、ブドウ球菌が異常に繁殖して起きる皮膚炎だね。膿みをもった発疹ができ、皮膚が若干腫れたりするよ。だんだん広がっていき感染した皮膚は穴があいてしまうよ。そしてニオイがでてくるよ。皮膚の免疫力の低下でダニが皮膚に寄生して起こることもあるよ。

 

皮膚系状菌症(ひふしじょうきんしょう)

円形脱毛ができて、だんだん広がっていくよ。でも、硬い毛の犬には感染しないから安心だね。

皮膚系状菌症はカビの一種で皮膚に入ってきて繁殖するよ。感染ルートは猫や犬、土壌からも感染が確認されているんだって。困ったね。

 

アレルギー性皮膚炎

アレルギーを引き起こす原因物質に触れたり、食べることでからだが異常に反応してしまうことで起こるよ。(主にアレルゲンと呼ばれるものやノミやダニ。)ノミに噛まれた場合とか、アレルギー反応が起きて、噛まれた箇所に痒みがでてくるよ。

食べ物のアレルギーの場合、顔に症状がでやすいので、口の周りから始まるよ。アレルゲンの原因物質は、牛肉、鶏肉、豚肉、魚、卵、大豆などのタンパク質だよ。小麦とトウモロコシなどの炭水化物も原因だよ。その他、着色料や防腐剤などの添加物も原因になる場合もあるよ。

 

一番多い、アトピー性皮膚炎

かゆみを伴う湿疹を繰り返すことになる皮膚炎だよ。免疫力の低下や異常が原因だよ。アレルギー性皮膚炎と症状が似ているから、はじめはどちらか判断がつかない場合もあるよ。違いは、一過性がアレルギー性皮膚炎で、慢性的なのがアトピー性皮膚炎になるよ。

皮膚が弱い体質の犬が皮膚炎になると、感染症を引き起こしやすくなるよ。皮膚の正常な機能が低下しているから皮膚炎の症状が長引くことになるよ。

 

アトピーは手足や耳の周り、お腹、顔、目などが皮膚炎になることが特徴だね。皮膚が黒くなったり、毛が抜けてしまったりするよ。一度アトピーにかかってしまうと、治すのに苦労するよ。しかし、完治できないことはないよ。愛犬の症状をしっかり把握してどんな原因で症状なのか、今の状態はどうなのかなどの細かい部分まで調べ、医師と相談して治療方法を考えることが、愛犬の皮膚病を治すために必要なことだよ。

ニキビダニ症

もともとほとんどの犬の皮膚にいるダニなんだけれど、皮膚の抵抗力が下がってくれると一気に増えてしつこい皮膚炎を起こしてしまうんだ。皮膚が薄くなる、フケや脱毛箇所の湿疹が前肢や顏を中心に広がるといった症状がでるよ。完治が困難で長期戦になる疾患なんだ。

疥癬症

ヒゼンダニというダニが原因の皮膚炎だよ。お腹や耳・ひじ・かかとなどに強いかゆみがでるのが特徴なんだ。これは犬だけでなく、他の動物やヒトにまで感染してしまう恐ろしい病気なんだよ。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌低下が原因で起こるんだ。食欲・反応速度の低下や睡眠時間が増えるなどの全身症状に加えて、左右対称の脱毛が症状として現れるよ。でも僕たちは痒くないんだ。フケや皮膚の油っぽさ、毛の光沢がなくなるなどの症状も出ることがあるよ。

犬の皮膚病の原因

犬の皮膚病はいろんな原因があって症状も様々だよ。

愛犬がどんな状態なのか知ってあげてね。飼い主さんがよくわかってないと、原因もわからないし、治療法もわからなくなるよ。

実は犬の皮膚病は、もっとも多い病気なんだよ。身近な病気でもあり、軽く考えてしまいがちだけど、皮膚病にはいろんな原因と症状があるんだよ。驚くことに皮膚は栄養の30%を使うからだの中での一番の臓器になんだよ。だから栄養不足だと影響が強くでる部分なんだよ。

犬の皮膚病の主な原因はひとつじゃない

アレルギー

アレルギーと一言で言ってもその原因は様々なんだ。犬種や遺伝的要因、住環境などが主な原因としてあげられるよ。さらに驚くべきは犬にも食物アレルギーがあるということ。原因が生活に密着しているから治りにくいんだ。

細菌の感染

人間でいえば「とびひ」のようなもの。元々皮膚に住んでいる細菌が皮膚の免疫力が下がることにより暴走を始めるんだ。皮膚の免疫力の弱い子犬や他の病気で免疫力が低下している成犬・老犬などもかかる可能性があるんだよ。

真菌感染

皮膚にカビ(真菌)が付着することで感染するよ。もちろん元気な状態なら大丈夫だけど、皮膚の免疫力が下がっているときは特に注意しなきゃね。さらに注意が必要なのは、ヒトにも接触感染するということ。お互いに気を付ける必要があるんだ。

心因性(ストレス)

ヒトと同じく、ストレスがかかると犬も体に不調を起こすんだよ。ストレスから体の一部をなめ続けたり、しっぽを噛んだりと行動に変化がでることがあるんだ。その行動がその箇所に過剰な刺激を与え、皮膚炎を起こすこともあるから、いつもと違う行動をしていないかどうか、気にかけてくれると嬉しいな。

寄生虫

マダニをはじめとするダニ類やノミ、シラミなどが原因で強いかゆみを伴う皮膚炎になってしまうんだ。特に注意が必要なのが、他の動物やヒトにもうつってしまうということ。かかってしまった場合は周囲へ広げない対策も大切だよ。

犬の皮膚病はどうやって調べるか

経過を観察しておく

「いつからその症状があるか」「どこを痒がっているか」「痒がる時間帯」「既往歴」などをご主人様が獣医さんに伝える必要があるんだ。それらの情報が正確な治療につながる可能性が高いからね。どんなささいなことでも気になっていることを伝えてくれると、良くなる方法が見つかるかもね。

アレルギー検査

少量の血液から調べることのできるアレルギー検査は、治療方針を決めるための手段として使われているよ。もちろん他の病気が隠れているかもしれないから、そのことも覚えていてね。結果で不安になることがあったら獣医さんに相談しよう。

血液検査

目視でわからない部分を調べるための強い味方が血液検査だね。レントゲンや超音波検査などへの架け橋にもなる重要な検査なんだ。

皮膚病は原因を突き止めることが非常に困難な病気だよ。症状の経過だけでは判断できないことがあるよ。なんども検査をくり返し、経過をみて判断することになるよ。まずは症状をしっかり確認することが大事なことになるよ。

原因はいろいろなんだけど、軽いものだと、シャンプーが合わないとかのことだけど、一番は食べ物が関係しているよ。

バランスのいい食事ができていないと、必要最低限の栄養が行かなくて、抵抗力が弱くなって皮膚病ややアレルギー・アトピーになってしまうんだよ。

犬の皮膚病の治療法

皮膚病の治療法は、シャンプーを変えてみたりドックフードを変えてみたりする方法があるよ。症状が軽い場合効果がある方法だよ。しかし、状態が悪く、ひどい場合は動物病院から処方された飲み薬などでしっかり治すことだね。だけど、なかなか治らないのが皮膚病の厄介なところだよ。

薬だけで完治する場合もあるけど、ほとんどは、その場しのぎのもので、薬が切れるとまた症状がでてきたりする場合もあるよ。動物病院で処方される薬は抗生剤やビタミン剤、塗り薬であって、一時的な回復にはとても向いていますが、そもそもが、何かの栄養素が足りないことで起こっている、免疫の低下や不足なので薬だけでは、状況は変わらないよ。しかし、どんな状態で何が不足しているかが分かっているのであとは、補うだけのことだね。動物病院の診断をしっかり聞いておくことが、皮膚病の治療方法のひとつでもあるよ。

 

食事療法がベスト

人も同じでアトピーやアレルギーは栄養がとても関係しているよ。栄養素の足りていない部分があるために、起こる病気でもあるよ。しっかりバランスよく栄養をとることができれば、免疫力の低下はなく、免疫力の低下で活発化する菌はなくなるよ。食べ物を変えてあげるだけで効果がでてくることもあるよ。

アトピーやアレルギーの皮膚炎は食事療法で治ることもあるよ。足りない栄養素を補い、腸内環境を整えることで、改善できるよ。

良質なタンパク質、脂質をバランスよく摂ることがとても大事なことだね。

要は健康なからだにすることだから、無添加の食材を使って食事を作ってあげることや、オーガニックフードなどもあるよ。アレルギーの原因になるものを含まないフードなどたくさんあるよ。動物病院で処方された療法食もいいから、飽きないように、組み合わせて食べさせてくれるとうれしいな。

それから、手作りの自然食だけでは補いきれない栄養素は、オーガニックのドックフードや、動物病院で処方された療法食などで補うことができるよ。免疫をあげるサプリや皮膚をバリアするサプリ、アトピーに効くサプリなどを組み合わせることで、皮膚病を完全に治すことができるよ。皮膚病は放っておくと治らないけど、しっかり向き合えば治すことができる病気なんだよ。

犬の皮膚病の治療と注意点

原因を調べる

現在の症状はもちろん、既往歴や検査など、総合的に判断して皮膚炎の原因を見つけることがとても大切なんだ。たくさん原因のある犬の皮膚炎は治療方針によって治療時間が長くなったり、短くなったりとてもデリケート。僕はおしゃべりができないから、ご主人様と獣医さんの協力が必要になるんだよ。

治療にかかる費用は?

皮膚炎の原因や治るまでの期間によって大きく差がでるよ。安ければ1,000円程度から。犬の大きさや長期化した場合は1年で数十万円もかかることもあるんだって。

サプリメントは効果がある?

原因によってはサプリメントを処方される場合もあるよ。皮膚の免疫力を高めることが治療につながるアトピー性皮膚炎では、サプリメントを推奨することもあるんだ。

皮膚病(アレルギー・アトピー)で必要な栄養素、不要な栄養素

アレルギーやアトピーのワンちゃんたちが増えているみたいなんだ。原因は色々あるんだけど、市販フードの中に含まれている様々な添加物や、野菜の農薬などが体内に溜まってしまっているというお医者様もいるんだ。

また最近では食物アレルギーも増えているということ聞くよ。小麦や大豆などを食べると、皮膚炎をおこしてしまったり。

飼い主の皆様は、食事をとってから数時間後に皮膚が赤くなったりブツブツができた、耳や首を掻いたりしているときは、ほぼアレルギーだと思ってね。

アレルギーによる皮膚炎、アトピー症などの場合は、できるだけ反応が出にくい食事をすることが大切なんだよ。

材料

  • 馬肉またはラム肉…80g
  • 亜麻仁油…小さじ1
  • じゃがいも、ニンジン…合計40g
  • トマト、パセリなど…合計30g

レシピ

肉類は気になるようなら表面をさっと茹で、レア状にする。

野菜は皮をむき、小さく切ってジャガイモとニンジンは柔らかく茹でる。

トマトを小さく切り、1と2で和えてパセリを加える。 

皮膚病(アレルギー・アトピー)の場合は、鶏肉、豚肉、牛肉よりも消化に負担が少ないラムや馬肉がオススメです。あとは鹿肉なども良いみたいですね。いずれもペット用が通販で販売されています。

豆腐は一般的には非常に健康的な食材なのですが、アレルゲンでもあるので避けたほうが良いでしょう。

アレルギーを起こしにくい食材を使えば、極端な脂質制限や糖質制限はありませんから、犬さんも私たち猫もわりとすんなりごはんの違いを受け入れられそうですね。 

手作りご飯と併用したいオススメのサプリメントって?

ゴールデンレトリバーのイラスト犬も猫も皮膚病(アレルギー・アトピー)にかかりやすいのは、免疫力が低下している時といえそうです。体の抵抗力がないときに、強い刺激に弱くなってしまうのは、人間と同じですね。

たとえば、アガペットゴールドのように免疫力を高めるサプリメントを食事に併用することで、炎症がおこしにくくなるケースもあります。

一方でサプリメントの中には、食品添加物だらけの安物もあります。添加物が多いとかえってアレルギーやアトピーの原因となるので、選ぶ際は注意が必要です。

ゴールデンレトリバーのイラストペット用サプリ「アガペットゴールド」についてもっと詳しくアメリカンショートヘアのイラスト

page_top
手作りご飯と併用したい犬猫用おすすめサプリメント31選 犬に食べさせてはいけないもの
 
ご近所犬猫サミットin都内某所 ~ご主人様の手作りご飯を発表!~